お知らせ
ブログ『Life is Party』に訪問していただきありがとうございます★ コメントはいつでも受け付けております。 コメントの返事は該当記事内でさせていただきます。
プロフィール

AS

Author:AS
ちゅうぶらりんな22歳

プロフィールの詳細はこちらから
ASのプロフィール

Twitterやっています★
こちらから、どうぞ (^ー^*)/
Twitterボタン
Twitterブログパーツ

ランキングに参加中☆
いつも応援ありがとうございます(u_u*) これからも応援よろしくお願いします★

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メール

こんばんは★
計画停電にちょっとだけ慣れてきました。
多くの人が節電をするようになったおかげで、停電時間が短くなっている気がします。



前回の記事を読んだ友達から感想メールが送られてきました。

前回の記事はこちらから
買占め・PTSD

友達の率直な感想としては、買占めしている方を非難しているものに思ったということでした。
私としては、買占めしている方を非難するつもりで書いたわけではなかったので、
そのことを友達に説明しました。
友達は内心、そのことをわかっていたようです。

あと、「買占めをする人の心を動かせればいいけど、
人の心を動かすのははっきり言って無理だよ。」と思ったそうです。
私は、これに納得がいきませんでした。
みんながみんな動くわけではないかもしれませんが、少なからず動く人はいると思ったからです。

このことをメールで伝えたら、友達はこう返してくれました。
「人の心とは弱いもの。買占めをする人にも不安感や先の見えない恐れなどから
そういう行動に出てしまうかもしれない。理由はあると思う。
ASちゃんのブログにあったように、物資が入ってきたという情報を流すというのは効果的だと思う。
それによって、物がなくなる不安感を和らげることができるから。
人の心を動かすのは、はっきり言って不可能というのは確かに言い過ぎたね。ゴメンね。」


そして、その後…
「ただ、買占めに走る人の心の弱さをASちゃんにも分かって欲しいと思うんだ。
買占めの人たちに、ダメだよと呼びかけるだけでは、その心を動かすのは難しいと思う。
彼ら彼女ら自身でそう思わせるように持っていかなければならないと思うんだ。
そう持っていく方法は難しい。でも、方法はあると思う。
人は注意されると逆に反発してしまうもの、そうなったらどんな説得も全く通じなくなる。

ASちゃんにいけないことをしているから、ダメだよと注意するだけの人になって欲しくない。
いけないことをしてしまう気持ちをわかった上でそのことを
その人に心からわからせて諭せる人間になって欲しいんだ。

これから、そういう買占めをしてしまう人も含めて、
復興への道を探らなければならないんだ。
そう考えると、どのように考え、行動できたらいいんだろうか考えてみて欲しい。
今を修正するよりも、将来を見据えることができる広い視野を持って欲しい。」


とメールにありました。


ちゃんと人の気持ちを考えることを忘れていた自分がいました。
相手の気持ちを全然理解せずに、説教ばかりするのはよくないと思いました。
常にいけないことをしてしまう人の気持ちをわかろうとする必要はないと思うけど、
時にはそういう気持ちを考える必要もあるのかなと思いました。
こういう考えもあるんだな~と思いました。
友達の考えが正しいかどうかはわかりませんが、こういう考えもあってもいいのかなと思いました。



メールの話はこの辺で!
この記事から、聴いて少しでも元気になれる歌を紹介したいと思います♪
今回の大地震で心を痛めている方が多いと思います。
だから、心を痛めている方たちが歌を聴いて少しでも元気になりますようにという思いで、
紹介していきたいと思います!
ついでに、書いている私自身も元気になれるように!

最初に紹介する歌は、平原綾香さんの「Jupiter」です。
この歌を聴くと中学時代を思い出します。
中学生の頃から好きな曲です。
落ち込んでいる時に聞くと、落ち着きます。
ドラマ「金八先生」に流れていたので、そのイメージが強いです。

歌詞の冒頭部分にある「ひとりじゃない」が1番好きです!
よかったら、聴いてみてください★

「Jupiter」の歌詞はこちらから(うたまっぷ.comより)
Jupiter


「Jupiter」の動画を載せます。(You Tubeより)

スポンサーサイト

テーマ : 東北地方太平洋沖地震
ジャンル : ニュース

買占め・PTSD

東北地方太平洋沖地震から1週間経ちました。
この1週間、被害の甚大さをテレビで流されるのを見る度に心が痛みます。
救援物資が届いている所もあれば、届かない所もあります。
1日でも早く、不安な生活から解放されることを願います。

前回の記事では、心温まるコメントをありがとうございます。
今回の大地震で改めて人の温かさというものを感じました。
ブログやTwitter、mixi上だけではなく、実社会においても…
だから、今度は自分が温かさというものを伝えていきたいと思います!



被災地域以外の所でも地震の影響が出てきています。
代表的なこととして、「品不足」が挙げられます。
スーパーに行けば、食料品や日用品を求めて人だらけ。
レジも人だらけ。
最終的には、品切れが続出します。

ガソリンスタンドに行けば、ガソリンを求める人の車の行列ができています。
ひどい所だと、1時間待ちもあります。
スーパーと同様、ガソリンスタンドでも売り切れる所が続出しています。

どこもかしこも買占め状態。
買占めによる品不足が起きています。
つまり、自分たちで自分たちの首を絞めていることになります。

こういう時こそ、落ち着いた行動をすることが大切だと思うのです。
そう言われてもみんなが買占めする中で、買占めせずに落ち着いてはいられないかもしれません。
だから、一概に買占めが悪いとは言えないです。
ですが、物流が少しずつ回復しているという状況だけは知ってもらいたいのです。
何も情報を得ようとしないで、買占めをするのは良くないと思います。
偉そうなこと言ってすみません。
でも、こう思う人は多いのではないでしょうか。

群馬県でも物流が少しずつ回復していることを新聞に記載されていました。
こちらから
県民生活混乱続く : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

物流や買占め状態が落ち着くといいです。
しかし現状は、本当に必要だと思う人が必要な物資を得られない状況です。



それから、今後より一層心配されることとして「PTSD(心的外傷後ストレス障害)」が挙げられます。

これからは、物的支援だけではなく心のケアも必要になると思います。
心のケアはすごく難しいと思うので、専門家による適切なケアが求められると思います。

PTSD(心的外傷後ストレス障害)とは…
危うく死または重傷を負うような出来事を体験、または本人や他者の身体の保全に迫る危険を
体験・目撃・直面した。加えて、本人が強い恐怖や戦慄、無力感を覚えた。
子どもの場合は極度の興奮として現われる場合も。
このような体験をし、以下の基本症状が1ヵ月以上にわたって見られる場合にPTSDと診断される。

【PTSDと診断するための基本的症状】
・心的外傷と関連した出来事の追体験(フラッシュバック、悪夢など)
・心的外傷と関連した出来事に関連するものへの回避傾向、記憶障害、
孤立、感情鈍麻、意欲減退など
・睡眠障害、易怒傾向、過度の警戒心や驚愕反応など

(日経ウーマンオンライン:非常時に「心」に起きる変化とは より)

すでに、PTSDになっている方もいるかもしれません。
地震後、睡眠薬がないと眠れない方もいるようです。

PTSDの症状が出ていなくても、今回の地震で心を痛めた方は多いと思います。
心を痛めた方に読んでもらいたいものがあります。
こちらから
日経ウーマンオンライン:非常時に「心」に起きる変化とは

この記事にもありますが、
『休むことや食べることに罪悪感を持つことはありません。
あなたが健康でいることも立派な支援です。』


本当にそう思います。
多くの方が言っていますが、被災された方を元気にしてあげたい思うのであれば
まず自分自身が元気でいる必要があると思うのです。

「今は元気100%じゃない…」という方、まずはゆっくり休んでください。
支援は元気になってから、精一杯やりましょう!

適度な気分転換を忘れずに☆

テーマ : 東北地方太平洋沖地震
ジャンル : ニュース

2011年3月11日 東北地方太平洋沖地震

こんばんは。
戦後最悪とも言える出来事が日本を襲いました。
マグニチュード9.0の東北地方太平洋沖地震です。

まず、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
一人でも多くの人が助かりますように。

リンクをさせていただいている方々が、無事で安心しました。

地震発生時、私は母と一緒に車に乗っていました。
スーパーの駐車場に停めて、車から降りようと思った時でした。
その日は風が強かったので、いつもみたいに風で揺れているのかと最初は思いました。
ですが、隣の車を見てみると揺れが強いので、風ではないと思いました。
それが地震だったということに気づくのが遅かったです。
スーパーからお客さんが叫びながら出てくるので、強い地震だと思いました。

家に帰ってみたら、停電していました。
いつ復旧するかわからなかったので、不安でした。
結局、復旧したのは翌日の午前2時でした。
この停電で電気の大切さに気づきました。

復旧してからテレビでニュースを見てみたら、被害の甚大さに驚くばかりでした。
これが東北の現状なのかと…
毎日毎日見てて、辛い気持ちになります。



私の父方の親戚は皆、被災地域にいます。
地震のあった日は、連絡が取れませんでした。
とにかく無事でいることを祈るばかりでした。

山形県にいる祖母とは、翌日の土曜日に連絡が取れました。
無事でした。
同じ山形県にいる伯父家族も無事だということを聞きました。

宮城県にいる伯父家族とは、昨日災害伝言ダイヤルに
全員無事であるということが録音されていました。
そして、今朝宮城県にいる伯父から連絡がありました。
家族みんな無事で、家も大した損傷がないとのことでした。
ですが、ライフラインが復旧しないとのことでとても大変だと言っていました。

私の親戚は全員無事でした。
本当によかったです。
無事がわかるまではすごく不安でしたが、
無事だということがわかったら心が落ち着いた気がします。

だから、今自分にできることを精一杯やっていきたいと思います。
節電や募金などです。
あとは、不謹慎な発言や行動をしないこと。
当たり前のことですが、世の中にはこの当たり前のことができない人がいます。
不謹慎な発言や行動に怒りや悲しみを抱いてしまう時があります。
でも、そういう人達は、ほんの一部の人だけで大多数の方は、
自分たちにできることを精一杯やっています。
だから、私も自分にできることを精一杯やっていきます!

海外メディアでも言っていましたが、「日本は倒れない」
本当にそう思います。
日本は、一致団結できる国だと思います。
これからも頑張りましょう!

テーマ : 東北地方太平洋沖地震
ジャンル : ニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。